新町仏具印判店ブログ


新町仏具印判店 店長
藤田 道正(ふじたみちまさ)

カレンダー

<< 2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

店長のブログ

お墓のデザイン

お墓のデザインは宗派での違いはありません。前々からの墓石の形で縦長(和型)の墓石、横長(洋型)の墓石、今流行の両方の良い所を取り入れた和洋墓とが大きく分けて3種類あります。中の文字については、○○家之墓が一般的ですが、正式な宗派にのっとって言えば微妙にそれぞれ違いはあります。特に五輪塔などは違います。神徒とかキリスト教などは又違ってきますが、基本的には気に入ったもの、良いと思われるものなら形に拘りはないと思います。

お墓について

仏壇の価格

仏壇の価格は工程によって変わります。大きく分けて、木地、塗り、組立ての工程があります。それらすべてを日本で造っているかどうか、塗りまで外国で作っていて組み立てだけ日本でするとか、すべて外国製だとかで変動があります。あと貼りものとか練り物(3mmから5mmの本当のモノを貼った)前、二方、三方、四方練りとかて価格の誤差があります。大体の予算を決めてご来店いただきますと商品は選択がし易いと思います。

お仏壇について

お墓の種類

お客様にどんな墓を制作しましょうか?と想いを語って頂きます。デザインはこんなもので、大きさはこんなもの、石の色はこんな色とよく言われます。こんな色と言われても自然の石なので困る事があります。墓は野外のあるので、あまり変化の少ない御影石を使用します。予算によって白系なら、鼠色系なら、緑系なら、ピンク系ならこんな石と提案させて頂きます。良く石の性質をご理解頂いて購入作成させて 頂きます。

お墓について

鈴の音

鈴の音は鈴の材質によっても違いますが、大体鈴の直径が大きい程低い音(ゴーン)で小さい程高い音(リーン)と鳴ります。余韻が長いほうが上等なものです。杢魚(もくぎょう)も音の高さの違いは同じです。

仏具について

暮らしの中の仏壇

今までは、床の間の横に仏壇と言うイメージが大半でした。しかしこの頃は住宅事情が変化して、床の間が無いお家も増えて来ました。仏壇の置く位置としては、基本的にはご飯などをのお供えが簡単に出来、一番皆様が寄りやすい所で、隅っこの方でないところが良いところじゃないかと考えます。

お仏壇について
1  2  3  
お問い合わせ

探す仏壇.jp